FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

社会人になった人の日記。

社会人になって悪戦苦闘中。

ミソロジア 

買ったのは日曜日ですが普通に更新をするのを忘れてました
神話をテーマに据えていますが、僕には信仰のいろいろな形という風にも感じられました。
以下、感想

「ミソロジア」
誰かが残した神話(絵画)。
しかしそこに描かれているはずの神は白い人型のみを残しているだけ。
絵画を見に来たであろう女性が気付いているかのように振り返ってるのが印象的。
音楽的にはバイオリンと神々しい、または荘厳なコーラスが好きです。

「River」
河にまつわる悲恋、そしてそれは語り語られいつしか神話になったのでしょうか。
インストの方のリメイクですが僕はどちらも好きです。
アコースティックな感じとか。

「あらしのうた」
嵐が訪れた際に現れる「神」を盲信する女性のお話でしょうか。
何故彼女はそれほどまでにその神とやらを信じるにいたったのでしょうか。
ただただ信じつづけたのでしょうか…

「ポラリス」
ポラリス(北極星)に自分を重ねあわせる車いすの女の子のお話。
この女の子もまた信じつづけたのですね。
でも彼女はそれで幸せだったのでしょう。

「エクスデウス」
あらゆるものを解き明かし続ける双子?のお話です。
秘封倶楽部のようだという意見が多いようです。
すべてを解き明かしたその先に何があるのでしょう?
それはある種の破滅なのかもしれません。
個人的には
「機械仕掛けの神が神だったモノの声に」
この部分が印象的でした。

すいへいせんのむこうがわ
神様が水平線の向こう側へ向かうお話。
あの文字(通称ミソロ字)の解読に1時間ほどかけました。

さて、ここまで書いて自分で気がついたのですが、
最初と最後を除くと皆何かを信じているように感じました。
時代や信仰するものに違いはあれども皆皆信じている。
その先は何へとつながっているのでしょう。
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/27 Tue. 15:57 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://jasuthisu55.blog10.fc2.com/tb.php/1148-44e03d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list